top of page
検索
  • 執筆者の写真Utsuwa-Bito staff

RYOTA AOKI GALLERY 03


アーティスト青木良太、彼のギャラリーは階下や屋外にも作品が並ぶ。そこには小さな中国で作ったという皿から数百キロのオブジェ、有名企業とのコラボ作品までが多彩に並んでいる。彼の様々な器の美しいラインは、この振れ幅によって作られているんだろうと容易に想像がついた。振れ幅は大きければ大きいほど面白い。それは彼が俗に言う“変わった事”をした時にこそ、新たな作品が生まれる時でもあると言える。これからもこのアーティストから溢れ出る想像力を注視していきたいと思った。


そして先の写真の杖はお弟子さんの宮下さんのもの。まるで映画の特殊メイクをしたような太ももの縫い跡を見せてくれた。彼が居なければこのギャラリーの楽しさにも触れられなかったと思う、感謝したい。早く治るといいねー。












Comments


bottom of page